製品

SwitchBotの温湿度計レビュー、使い方の紹介

遠隔管理をはじめたいと思ったら、安価にスタートできるSwitchBot社のスマートリモコン「ハブミニ」について、記事を2本書きました。

赤外線リモコンは簡単に導入できて便利なのですが、送りっぱなしなので、実際に動いているかどうかの確認をとることはできません。

なので、スマートリモコンでエアコンを操作しつつも、本当に動作しているかを確認するためには、部屋の温度を知る必要があります。

で、ハブミニをもっていれば、それとBluetoothで接続できる「デジタル温湿度計」があります。

今回はこの「デジタル温湿度計」についてご紹介します。

外観

IMG 3446

こちらがパッケージ。

IMG 3447

箱の中には、本体、単4電池2本、両面テープが同梱されています。

IMG 3448

単4電池2本はこのように挿入。

IMG 3449

電池を入れるとすぐに温度と湿度が表示されました。

また、電池残量も表示されます。

取説を見ると、単4電池2本で約1年間使用できるとのことです。

スマートフォンアプリでデバイスの追加

まずはスマートフォンでSwitchBotのアプリを立ち上げる。

IMG 3450

右上の”+”をタップ。

IMG 3451

温湿度計を検出するのでタップ。

IMG 3452

温湿度計本体のボタンを長押しします。

Monosnap 2021 09 30 22 20 35

液晶画面にBluetoothのマークが表示されます。

IMG 3456

無事に温湿度計が追加されました。

IMG 3455

デバイス名を設定します。

IMG 3457

これで、一覧の中に温湿度計も表示されるようになりました。

温湿度計をスマートフォンアプリで確認

IMG 3458

スマートフォンアプリで「温湿度計」をタップすると、温湿度計のデータが表示されます。

IMG 3459

温湿度計の設定では、アラート設定やクラウドサービスなどがあります。

IMG 3461

温度と湿度それぞれにアラートがあり、設定した温度を下回った時や上回った時にアラート機能が使えるようです。

IMG 3462

クラウドサービスには、SwitchBotの他のアプリとの連携を行う「シーン」、GoogleHomeやAlexa,LINE Clobaなどのスマートスピーカーとの連携、IFTTTやSiriにも連携できるようです。

IMG 3463

シーンをタップすると、「シーンを作成」のメニューが表示されます。

IMG 3464

このように条件とアクションが設定できます。

いろいろ使えそうですが、シーンについては改めて使い方を確認してみます。

SwitchBot APIでも確認してみた

前の記事でハブミニのAPIを確認しました。

SwitchBotのAPIを使ってエアコンを赤外線リモコンで遠隔からOn/Offする方法|遠隔管理研究所

Postman 2021 09 30 22 31 53

再度、デバイス情報を確認したところ、今回追加した「温湿度計」もDeviceIDを取得できたので、APIから温湿度計のデータを取得することもできそうです。

これは、次回チェックしてみます。

まとめ

SwitchBotの温湿度計について開封とデバイスの追加をしてみました。

SwitchBotのハブミニを使っていれば、スマートフォンのアプリから「シーン」という機能や「アラート」を使って連動させることができそうです。

また、APIを使ってセンサーデータを取得することができるので、Node-REDを使ったアプリケーションの開発にも利用できます。

次回は温湿度計のAPIを確認しながら、今後、どんな使い方ができるのかを考えてみます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。