SwitchBot

SwitchBotハブミニでエアコンの赤外線リモコンが操作できるようにする/スマートラーニングモードで初めて家電を設定する

アレクサが便利そうだと聞きAmazonのセールで購入したものの、目覚まし程度にしか使えていないスタッフの50代主婦イシカワがIoTを体験していきたいと思います!

思ったよりも小さくてとてもシンプルなものという印象のSwitchBotハブミニ。
⇒ SwitchBotハブミニIoTリモコン商品レビュー/家電リモコンを一つにまとめてスマホで操作

SwitchBotアプリをインストールして、我が家にやってきたハブミニの設定をしました。
SwitchBotハブミニIoTリモコンの設定/家電リモコンを一つにまとめてスマホで操作

続いて、エアコンの赤外線リモコンを接続して、スマートフォンでエアコンの操作ができるようにしていきます。

アプリの操作

SwitchBotアプリを開きます。

「全てのデバイス」にすでに設定したハブミニが表示されます。
今回、名前を「寝室ハブミニ」としています。

これがオフラインになっていたら画面を上から下へスワイプして、オンラインにしましょう。

このハブミニをタップ。
まだ何もリモコンを追加していない状態です。

ここで、下の「リコモンを追加」をタップ。

追加したい家電を選びます。
ここではエアコンをタップ。

リモコンを追加するときには、ハブミニとスマホを追加したい家電の近くに置きましょう。

画面を右から左にページをめくるようにスワイプします。

4つの画面を表示すると「スマートラーニングを始めます」が赤くなり、タップができるようになります。


この画面を次から表示したくないときには「次から表示しない」にチェックを入れましょう。

赤外線学習を待機

エアコンの近くで、エアコンのリモコンとSwitchBotとスマートフォンをそろえて作業します。
SwitchBotは給電したままです。
(エアコンの近くのコンセントに差し直しても大丈夫です。作業前にハブミニがオンラインになっているかどうかの確認をしましょう)

SwitchBotの表示灯が消えたら、SwitchBotに向けてエアコンのリモコンの適当なボタンを1回押します。

表示されている秒数の間に押さないとタイムアウト。

もう一度、学習をやり直しましょう。

うまく赤外線が送れたら、読み込み中になり

リモコンを選ぶように言われます。


10つの型番が登録でき、横にスワイプすると型番を変えることができます。
まだ、1つ目のエアコンなので1で設定。
1の画面でタップします。

リモコンをテストの画面が出ます。
スマートフォンはエアコンのリモコンのような表示になっています。

この画面上のどれかのボタンを1つ押して、エアコンが正しく反応するかテストするのです。

では、エアコンが起動していない状態で、わかりやすいようにONをタップします。


エアコンが起動すれば正しく反応しています。

正しく反応したら「保存」をタップ。

もし反応が正しくなかったら(起動しない、他の家電が機能するなど)、「他の方法」をタップします。
(別の記事で操作を説明します)

正しくリモコンが反応した場合

リモコンを保存の画面が出るので

デバイス名(寝室リモコン)を入力。
ここではルームがすべてのデバイスになっています。

そのまま進めて「保存」をタップ。

リモコンは正確に保存されました!

ここでとても達成感を味わいます。
「今すぐ使う」をタップして、あれこれいじってしまいますよ。

全てのデバイスの画面に「寝室エアコン」が追加されました!

また「寝室ハブミニ」をタップすると、寝室ハブミニに寝室エアコンが保存されていることが表示されます。

これでスマートフォンのSwitchBotアプリからエアコンを操作することができるようになりました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。