親の見守り

SpaceCore(スペース・コア)で家族の見守り【1】システムをオンラインにする

遠く離れた家族や、留守番をする家族の見守りにおすすめのスペース・コア。

アレクサが便利そうだと聞きAmazonのセールで購入したものの、目覚まし程度にしか使えていないレベルのスタッフ、50代主婦イシカワがIoTを体験。

80代後半の義両親と同居するイシカワの家をスペース・コアでスマートホーム化していきます!

第1回、システムをオンラインにします。

参考:戸建て物件 ご契約者様向け 初期設定|SpaceCore support TOP

システムをオンラインにするのに用意するもの

IoTゲートウェイ(Smart Station)
付属品:ACアダプター、電源ケーブル、LANケーブル

Spacecore20220615 1

システムをオンラインにする接続手順

LANケーブルを壁面やWi-FiルーターのLANポートに差し込みます。
(ケーブルはどちら側でもOK)

Spacecore20220615 5

LANポートの反対側はSmart StationのLANポートに差し込みます。

電源ケーブルの電源プラグをSmart Stationに差し込み、USBをACアダプターに差し込み、コンセントに差します。

Spacecore20220615 7

電源が入るとLEDランプが点灯します。
(起動時に約30秒必要です)

Spacecore20220615 8

オンライン状態になるのに30〜45分ほどかかるので、しばらく待ちます。
次は【2】アプリを起動し、ログインするです。

遠隔管理研究所(スマートライト株式会社)では、SpaceCoreを使ったスマートホームの提案と設定をおこなっております。
下記お問い合わせフォームよりご連絡ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。