SwitchBot

SwitchBotハブミニでテレビの赤外線リモコンが操作できるようにする/メーカー名を検索してリモコンを保存する

アレクサが便利そうだと聞きAmazonのセールで購入したものの、目覚まし程度にしか使えていないスタッフの50代主婦イシカワがIoTを体験していきたいと思います!

思ったよりも小さくてとてもシンプルなものという印象のSwitchBotハブミニ。
⇒ SwitchBotハブミニIoTリモコン商品レビュー/家電リモコンを一つにまとめてスマホで操作

SwitchBotアプリをインストールして、我が家にやってきたハブミニの設定をしました。
SwitchBotハブミニIoTリモコンの設定/家電リモコンを一つにまとめてスマホで操作

1つめ、エアコンのリモコンを設定しました。
SwitchBotハブミニでエアコンの赤外線リモコンが操作できるようにする/スマートラーニングモードで初めて家電を設定する

2つめ、照明のリモコンを設定しました。
スマートフォンに表示されているリモコンがうまく反応せず、学習をやり直しました。
SwitchBotハブミニで照明の赤外線リモコンが操作できるようにする/スマートラーニングモードで学習をやり直す

続いて、テレビの赤外線リモコンを接続して、スマートフォンでテレビの操作ができるようにしていきます。

アプリの操作

SwitchBotアプリを開きます。

「全てのデバイス」にすでに設定した「寝室照明」「寝室エアコン」と「寝室ハブミニ」が表示されます。

オンラインになっていることを確認して(オフラインだったら上から下へスワイプする)、ここでは寝室に設置しているハブミニにテレビを追加したいので「寝室ハブミニ」をタップ。

寝室ハブミニに保存されているデバイスが表示されます。
ここで「リモコンを追加」をタップします。

家電を選択の画面が出るので「テレビ」をタップします。

メーカーを検索する

エアコンや照明のライトはメーカーを検索せずに赤外線を待機する状態になったのですが、テレビ(ディスクプレーヤーでも同様)この画面が出ました。

よく追加されるリモコンとしてメーカーの一覧が出ているので、メーカー名が出ていれば、それをタップ。
今回設定したいテレビのメーカーはFunaiなので、検索窓にFunaiを入力して表示されたらタップします。

赤外線学習を待機

テレビの近くで、テレビのリモコンとSwitchBotとスマートフォンをそろえて作業します。
SwitchBotは給電したままです。

SwitchBotの表示灯が消えたら、SwitchBotに向けてテレビのリモコンの適当なボタンを1回押します。

表示されている秒数の間に押すとリモコンを選ぶように言われます。

Funaiの1つ目のテレビなので、1で設定。
1の画面でタップします。

リモコンをテストの画面が出ます。
スマートフォンはテレビのリモコンのような表示になっています。

では、テレビが消えている状態で、わかりやすいようにONをタップします。

テレビがつけばば正しく反応しています。

正しく反応したら「保存」をタップです。
(このテレビはもともとリモコンを押してから反応するまでに時間がかかるので、スマートフォンの表示を押しても反応が遅かったです)

リモコン名を登録

リモコンを保存したら、デバイス名(寝室テレビ)を入力して保存。

リモコンは正確に保存されました!

全てのデバイスの画面に「寝室テレビ」が追加されました。

これでスマートフォンのSwitchBotアプリからテレビを操作することができるようになりました。

スマートフォンのテレビのリモコン画面は、縦長の本物のリモコンのように表示されます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。